Science TechnologyはHPC分野におけるアイデアを形にします。 Linux計算機構築システム

Security Controller

Security Controllerとは、ライセンス管理用デバイスで、USBに挿すだけでお客様が作成したソフトウェアの ライセンスを保護
(不正コピーの防止など)できます。
また、お客様のご要望に合わせてより細かい ライセンス管理方法(MACアドレスによる管理など)を提供します。


セキュリティーコントローラー

1. セキュリティーコントローラーの特長


tokuchou

1.開発者は最小限の工数でご希望のライセンス管理を実現できます。
   弊社から開発言語に合わせたAPIを提供し、わずか数行のソースコードの改変で ご希望のライセンス管理を実現します。
   またライセンスチェックに必要な時間は100ms程度と実行速度への影響も少ないです。

2.エンドユーザーは簡単かつ早期の運用開始を実現できます。
   USBインターフェースによる接続、インストーラーの無償提供など簡単かつ早期の運用開始を実現します。


2. 購入の流れ


購入の流れ
購入の流れ

3. 必要動作環境

以下のディストリビューションのみサポートしています。

 ■ RedHatEL 6系
 ■ CentOS 6系

必要パッケージ

  ■ glibc.i686
  ■ httpd
  ■ mod_ssl
  ■ php


※以上、4つパッケージがOSにインストールされていないと動作しません。

4. セキュリティーコントローラーの導入事例


jirei

● GRRMセキュリティーコントローラー (価格表はこちら)

■ 開発環境及び開発言語:Linux/C言語

■ ご要望 その1:・不正コピーを防止したい
→ MACアドレスによる使用制限を設けることにより、ライセンスが許可されていないコンピューター上で実行できないようにしました。

■ ご要望 その2:エンドユーザーに合わせたフレキシブルなライセンス期限を設けたい
→ 商用利用のユーザーや学術利用のユーザーなどエンドユーザーに合わせたフレキシブルなライセンス期限を設けることを可能にしました。

※ 上記のようにお客様の細かいご要望を聞き取り、お客様のソフトウェアのライセンスを強力に守ります。


お問い合わせ